お支払い

2022年1月7日

各支払い方法に不明点がございましたら、気兼ねなくお問い合わせください。

Stripeでの決済

Stripe決済の場合、Stripeで作成した見積書、請求書をメールにて送付します。

StripeはPayPalに似たオンライン決済サービスですが、PayPalのようにアカウントを作る必要がありません。メールでお送りする請求書のリンクからクレジットカードで支払うだけなのでとてもオススメです。

流れ

  1. メール、Wechat、SNS等のDM上での事前相談、見積もりフォームからのご依頼
  2. Stripe見積書の送付
  3. Stripe見積書の許諾
  4. Stripe請求書の送付(請求書メールのリンクから支払いページへ移動できます)
  5. 前払い金の支払いをもって発注(←前払いが必要な場合)
  6. 作業開始
  7. 納品
  8. 支払残高のお支払い

流れ自体はStripeもPayPalも同じですが、StripeはPayPalのように見積の承認ボタンがありませんので、メール上での合意になります。

PayPalでの決済

従来型のPayPal決済の場合、メールにてPayPalの見積書、請求書を送付します。

流れ

  1. メール、Wechat、SNS等のDM上での事前相談、見積もりフォームからのご依頼
  2. Paypal見積書の送付
  3. Paypal見積書の許諾(PayPalの管理画面で許諾できます)
  4. Paypal請求書の送付(請求書メールのリンクから支払いページへ移動できます)
  5. 前払い金の支払いをもって発注(←前払いが必要な場合)
  6. 作業開始
  7. 納品
  8. 支払残高のお支払い

PayPalの場合は前払いの設定が可能なので、「最低支払額」を50%に設定して請求書を送付させて頂きます。50%の支払いを確認後に作業を開始します。

仕組み上、最低支払額を越えなければ、こちらはお客様の振り込まれたお金の出金が出来ません。お客様にとっては持ち逃げを防止できますし、私達にとっては支払い能力や意思を確認できるので、双方にとって安心できる支払い方法になるかと思います。

PayPal.Meでの決済

こちらから次のような形式のリンクを送りますので、リンク先で決済をお願いします。

  • https://paypal.me/ldwyl/◯◯◯JPY
  • https://www.paypal.com/paypalme/ldwyl/◯◯◯JPY

(◯◯◯=金額、JPY=指定通貨)となります。
通常、[paypal.me/ldwyl] は [paypal.com/paypalme/ldwyl]にリダイレクトされます。

流れ

  1. メール、Wechat、SNS等のDM上での事前相談、見積もりフォームからのご依頼
  2. メール、Wechat、SNS等のDM上での契約の合意
  3. PayPal.Meリンクの送付(リンクから支払いページへ移動)
  4. 前払い金の支払いをもって発注(←前払いが必要な場合)
  5. 作業開始
  6. 納品
  7. 支払残高のお支払い

お支払いに関する原則

  • 契約に関する一切の通貨は日本円建てとします。
  • 初めてのご依頼や文量によっては、全額の前払いをお願いする場合がございます。
  • 量が多い場合、ご依頼やお支払いの分割をお願いする場合がございます。

契約に関するその他の詳細は契約ポリシーのページをご確認ください。

Posted by maa