小学生の頃の冬

2021年12月9日

日文(校閲)

小学生の頃の冬

小学生の頃は、冬になったら鼻水が止まらなかった。汚いし、何回もティッシュで拭かれた鼻は痛いし、しんどかった。その頃は自分が鼻炎患者だという認識がなかったけど、実はそれを知ったのも今年の3月になってからだ。去年の秋から何週間も治らない風邪で病院へ行ったら、季節性鼻炎だと先生に言われた。母にそう話したら、「そうそう、子供の頃の鼻炎もひどかったよ」と言われて、「なるほど」と、ようやく子供の頃の止まらない鼻水の謎が解けた。母は何回も私を病院に連れて行ったり薬を飲ませたりしても治らなかったと。そこの記憶はないけど。

実家には暖房がないので、家にいてもいつもコートを着ていた。それでもまだ寒い。朝、冷たい服に着替えてこらえるところから辛い冬の1日が始まる。そして冷たい水道水で歯を磨いたり、顔を洗ったり、いろいろと冬の試練を受ける。冷たい水を触りすぎて手が必ず凍傷になってしまう。しかも、せっかく治ってもまた再発して、ひと冬で何回も凍傷を繰り返す。痛かったり、痒かったり、腫れたり、萎んだりして、まだ小学生なのに指の皮膚がシワだらけになってしまった。実に可哀想だなーと手のシワを見る度に冬の辛い記憶が呼び起こされて悲しい気分になる。だから長いあいだ冬を恐れていた。

あとがき

実はこの日記には続きがあって、「でも大人になって冬は段々と寒くなくなった気がする・・・」って、大人になってからの話も書こうとしたけど 文が長くてもう続けたくないから途中でそれを消した。

中文(原文)

小时候的冬天

小时候的冬天,我总是在流鼻涕。又脏又难受,非常痛苦。那时候完全不知道自己有鼻炎,其实我直到今年才知道。今年三月的时候,我跟我妈说我去年秋天一直感冒,后来去看医生,医生告诉我得的是鼻炎。我妈跟我说我小时候就一直有鼻炎,看了很多医生吃药也一直好不了,不过我根本就不记得这些,也不知道我妈说的是不是真的。

爸妈的家里没有暖气,所以我们在家里待着也必须要穿着外套,虽然穿着外套也还是很冷。早晨起来穿衣服的时候就很痛苦,衣服都是冷冰冰的。然后还要用凉水洗脸刷牙,冬天自来水像冰水一样,很容易手就长冻疮了。又痒又疼,有时候肿的像包子,好的时候又会瘪下去,一个冬天都会反反复复的长冻疮,太惨了。最后看着看着手指背上就全是皱纹了。现在每次看着这些纹就想到小时候反复冻疮的事,挺遗憾的。后来很长时间我都很害怕冬天。

后记

起初这篇文章想要写变成大人之后,感觉冬天不冷了的感受,但是因为小时候的篇幅已经很长了,所以删除了,改作为一篇童年冬天的回忆,就此搁笔。